パソコンガイドブック

今頃になって「Windows 10 Anniversary Update」に気付いた


最近、どうもパソコンの表示が前と違う。なんとなく使い勝手が悪くなった。なんて感じている方、2016年8月3日あたりに「Windows 10 Anniversary Update」をされたのに気づいていますか?

実は私も確かこんな表示じゃなかったと思っていましたが、とりあえず使えているのでそのままにしていました。しかし、やはり気になるので調べてみました。

すると、やはり2016年8月3日以降に「Windows 10 Anniversary Update」適用されていたようです。更新はWindows10になると常にされると聞いていましたので、今までも何度か更新はしましたので、それ程気にはしていませんでしたが、今回は大型だったようです。

この「Anniversary Update」は、そんな大規模アップデートのひとつです。
Windows 10がリリースされた2015年7月29日から約1周年ということから「Anniversary」という名がついているそうです。ただ、これは抽選によるアップデートのようですので、パソコンによっては1週間から1か月程度のずれが発生するようです。

このアップデートが適用されたパソコンは、Windows 10のバージョン番号が「1607」に変更されています。まずはお使いのパソコンのシステム情報を開いて、すでにアップデートが適用されているかどうか確認しましょう。

確認の方法は、
「スタート」ボタンをクリックして、「設定」→「システム」を開いて「バージョン情報」をクリックします。すると、Windows10にバージョン番号と、OSビルドの番号が確認できます。

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e6%83%85%e5%a0%b1

バージョン番号が「1607」より若い番号なら、「Anniversary Update」は、まだ適用されていません。

ちなみに、バージョンとOSビルドの違いは、「バージョン」は大規模なアップデートに関する4桁の通し番号(例:1607)のことで、「OSビルド」は小規模なアップデートに関する「5桁+小数点以下」(例:14393.351)の通し番号を意味します。

尚、Windowsの更新は、標準搭載されている「Windows Update」という機能を通じて行われます。基本的には自動的にアップデートが行われる設定になっていますが、必要に応じて手動で実行することもできます。また、更新後の再起動を行うタイミング(初期状態では午前3時頃)を指定することができます。

私はこの設定を変えていなかったので、午前3時に更新されて気付かなかったのだと思われます。

バージョンの確認が面倒だという方は、スタート画面を見れば分かります。

%e6%96%b0%e6%97%a7%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

アップデートされていたら、ユーザー名、エクスプローラー、設定、電源がアイコンのみになります。




lp1_480_60

コメントを残す

CAPTCHA


管理人: vivitan

vivitan

普通のOL時代を経て花屋に勤めている時に阪神淡路大震災に遭い、復興から立ち直りつつある時に下肢障害者になって、外での勤務を諦め自宅で収入を得る方法を試行錯誤している今日この頃です。 全くパソコンを知らなかった私が毎日パソコンを触っているうちに、いろんな知識が付きました。その時に得た解決策や新しい情報などをお伝えしていきます。

  • google vivitan
  • アメブロ vivitan

人気記事一覧

モバイルバッテリー モバイルバッテリー
ココナラ ココナラ
PIXTA(ピクスタ) PIXTA(ピクスタ)
banner

wpX wpX
フロンティア フロンティア
富士通WEB MART 富士通WEB MART
肩楽ピロー 肩楽ピロー
イージーメールフォーム イージーメールフォーム