パソコンガイドブック

マイクロソフトの最終手段|Windows10アップグレード

Pocket

マイクロソフトが昨年の7月から始めているWindows 10への無償アップグレードは2016年7月29日に期限を迎えます。このサービスが始まってから、かなりの苦情が出ましたよね。そのための改善も色々と行なわれてきたようです。しかしそれもあとわずかで終わりです。このまますんなりと終了を迎えるのかと思いきや、またもやマイクロソフトはやってくれました。

どこまでもアップグレードをしてもらいたいユーザーには、フルスクリーンでダイアログを表示してきます。それも英語でズラッと文字が並びます。

Windows10への誘導

画面には、紺色の背景に白いテキストで、内容は

「お忙しいところ申し訳ございませんが、重要なお知らせです。Windows 10の無償アップグレードが7月29日で終了します」と書かれています。その下は

「Microsoftでは、Windows史上最も安全なWindows10へのアップグレードをお勧めしています。アップグレードは無料です。お気に召さない場合は31日以内でしたら元のオペレーティングシステムに簡単にロールバック出来ます。互換性についてはアップグレードの開始前にチェックが実施されます。これまでに3億人以上のユーザーがアップグレードしています。無料提供が終了する前にアップグレードしましょう!」

と、このように無償アップグレードの提供が間もなく終わることをユーザーに知らせ、期限より前にアップグレードを行うよう促しています。

そして右下には「Upgrade now(今すぐアップデートする)」と「Remind me later(あとで通知する)」ボタンに加えて、今回は左側にも「Notify me three more times(あと3回通知する)」「Do not notify me again(今後通知しない)」の選択肢も用意されています。

ここまで来たら、色々と問題はありますが、とりあえずやってみてダメなら戻すくらいの感覚で、アップグレードした方が良さそうですね。それでもイヤだという方は、左下の「今後通知しない」で解決かも。

ただそれもPCのスペックに問題が無ければね。

尚、Windows 10の動作条件を満たさないコンピュータや、一度Windows 10にアップグレードしたけどアンインストールした、あるいはWindows 10のインストールに失敗したコンピュータ、最新のGWXアプリケーションがインストールされているコンピュータなどでは、このフルスクリーンダイアログは表示されません。

lp1_480_60

コメントを残す

CAPTCHA


管理人: vivitan

vivitan

普通のOL時代を経て花屋に勤めている時に阪神淡路大震災に遭い、復興から立ち直りつつある時に下肢障害者になって、外での勤務を諦め自宅で収入を得る方法を試行錯誤している今日この頃です。 全くパソコンを知らなかった私が毎日パソコンを触っているうちに、いろんな知識が付きました。その時に得た解決策や新しい情報などをお伝えしていきます。

  • google vivitan
  • アメブロ vivitan

人気記事一覧