パソコンガイドブック

Windows10にアップグレード後、音が出なくなった時の対処法

Pocket

Windows10へアップグレードしてから、音が出なくなったという不具合が多数報告されているようです。そこで、音が出なくなった時に何を確認すれば良いのか、また修復方法などをお伝えしましょう。

1.まず、右下のスピーカーアイコンを見て下さい。スピーカーの横に×印はありませんか?

タスクバー

もし×が付いていれば、それは「ミュート状態」です。つまり音を切っている状態ですね。

これはスピーカーマークをクリックしてボリュームのスピーカーマークをクリックすると×が消えます。ここで切り替えが出来ます。

ただ、スピーカーマークに×も付いていないのに音が出ない場合は、サウンドのドライバーに問題があると思われます。

2.そこで、windowsのスタートアイコンを右クリックします。
するとメニューが表示されますので、「デバイスマネージャー」をクリックします。

デバイスマネージャー02

 

次に「オーディオの入力および出力」をダブルクリックもしくはアイコンの横の矢印をクリックすると項目が出ますので、その中の「スピーカー」を右クリックします。

win10sound-3

 

「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。

win10sound-5

 

これで、最新のドライバーがあれば自動でインストールしてくれます。

win10sound-6

 

 

3.また、トラブルシューティングを行なうと解決する場合もあります。
windowsのスタートアイコンの横の検索窓に「トラブルシューティング」と入力します。

トラブルシューティング

 

そして「トラブルシューティング」をクリックして「ハードウェアとサウンド」の下の「 オーディオ再生のトラブルシューティング」 をクリックします。

オーディオ再生のトラブルシューティング

 

画面の指示に従い、トラブルシューティング ツールを実行します。

トラブルシューティング ツール

 

 

4.以上のデバイスとトラブルシューティングでほぼ解決出来るはずですが、それでもまだ音が出ない場合は、スピーカーのサンプル レートとビットの深さを変更するという方法もあります。

スピーカーのマークを右クリックし「再生デバイス」をクリックします。

再生デバイス

 

「サウンド」画面が表示されたら、お使いの再生デバイスを選択し「プロパティ」をクリックします。

サウンド

 

「詳細」タブを開き、「既定の形式」欄のプルダウン メニューから選択できる項目をひとつずつ選択し、「テスト」の実行で音が再生されるか確認します。Windows10では、「24ビット、96000Hz(スタジオの音質)」が適応される事が多いようです。音が確認されたらそこでOKをクリックします。

テスト

 

以上の方法で確認しても尚、音が出ない場合は元のOSに戻すか、再起動を3回以上試みると音が出る場合もあるようです。この他の対処法があればまた追記します。

参照
富士通サポート

lp1_480_60

コメントを残す

CAPTCHA


管理人: vivitan

vivitan

普通のOL時代を経て花屋に勤めている時に阪神淡路大震災に遭い、復興から立ち直りつつある時に下肢障害者になって、外での勤務を諦め自宅で収入を得る方法を試行錯誤している今日この頃です。 全くパソコンを知らなかった私が毎日パソコンを触っているうちに、いろんな知識が付きました。その時に得た解決策や新しい情報などをお伝えしていきます。

  • google vivitan
  • アメブロ vivitan

人気記事一覧